お知らせ

2020年4月28日:弊社社員の新型コロナウイルス感染について

 

 

 4月28日(火)、弊社社員(首都高速道路の料金所係員 70代男性)が、新型コロナウイルスのPCR検査で「陽性」であることが確認されました。

弊社社員については、これまでに3名が「陽性」と確認されており、これにより計4名の「陽性」が確認されたことになります。

 

 弊社ではお客様、関係先の皆様、全従業員の安全を最優先し、政府、自治体及び首都高速道路株式会社をはじめとする関係機関の方針に基づき、社内外への感染症拡大の抑止に向けて取り組んでまいります。

 

1. 当該社員の状況(4月28日時点)
   4月25日(木)より医療機関に入院中。なお、現在のところ容体は安定しています。

 

  【感染確認までの経緯】
   4月23日(木) 発熱の症状

   4月24日(金) 医療機関に出向いた後、帰宅

   4月25日(土) 呼吸が苦しくなり救急搬送後、「肺気腫」と診断され入院。軽い肺炎が認められたためPCR検査を受検
   4月28日(火)   検査結果「陽性」と判明

  【直近2週間の勤務の状況】
   4月13日(月)  北池袋料金所(高速5号池袋線)

   4月20日(月)  東池袋料金所(高速5号池袋線)
   ※ 勤務時間は全日とも当日8:30~翌日9:00

 
2. 弊社の対応状況

  • 当該社員と濃厚接触したと推定される社員7名については、当該社員の陽性が判明した4月28日(火)から自宅待機を指示しています。

    ※ 当該社員と濃厚接触したと推定される社員は8名ですが、うち1名には既に公表済みの案件により自宅待機を指示していますので、新たに

      7名に対する指示となります。

  • 現在、上記7名を含む19名に自宅待機を指示しています。

  • 当該社員が勤務していた料金所及び事務所の消毒作業を実施しています。

 

3. 料金所の運用について
   当該社員の「陽性」判明に伴う料金所の運用変更はありません。なお、4月22日(水)及び26日(日)にお知らせのとおり、北池袋料金所、

  東池袋料金所及び高松料金所につきましては、当面の間、原則ETCレーンの無線走行の車のみに限定した運用とさせていただいております(その他

  の料金所につきましては、当該社員と接触していない者が業務にあたるため、通常どおりご利用いただけます)。

   ETC無線通行以外でご利用のお客様は、恐れ入りますが近傍の他の料金所をご利用ください。なお、誤って進入された場合は、配置している

  誘導員の指示に従っていただきますようお願いいたします。

   ※ 通常の運用に戻す際は、ホームページにて改めてお知らせいたします。
   ※ 安全を確保するため、誘導員を配置しております。

​   ※ 詳細につきましては、下の〈参考1〉をご参照ください。

 

4. お客様へのお願い
   4月3日(金)以降、北池袋料金所及び東池袋料金所をご利用されたお客様で、発熱等の体調不良の方がいらっしゃい
ましたら、厚生労働省の

  「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」を参考に、お近くの保健所などにお申し出いただくようお願いいたします。

​〈参考1〉 社員の新型コロナウイルス感染の影響に伴うETC無線走行に限定した運用の料金所

〈参考2〉 社員の新型コロナウイルス感染状況

〈参考3〉 雑司が谷営業所所管料金所


以  上  

©Shutoko Toll Service Nishitokyo Company Limited.